バブルクラッカー開発秘話

バブルクラッカーはダーターとは全く違った観点から開発がスタートしました。

シングルスイッシャーを作っている時に試作した一つに試しにボスペラをつけてみたところ、とても使いやすくて気に入ったんですね。

img_3532

しかしマグナムトーピードとそっくりなので、とりあえず却下しました。

その代わり、ボスペラの特徴をシングルスイッシャー以上に活かせるルアーを作れないだろうか、と考えて作ったのがバブルクラッカーでした。

img_3531

このアイデアは釣り場でピンとひらめきましたね。

このボスペラをダーターにつけて斜め浮きにしたら面白そうだと。

上あごなしの形はその前に試作していたダーターに改良を加えたものです。

img_3536

この2つのいいところを合わせた感じですね。

ノーウエイトでもボスペラの重さで斜めに浮くように、お尻に向かって浮力を削ぎ落とした形になっています。

斜めに浮かんだときはシメシメと思いましたよ。

出来上がって使ってみたところ、ダーター特有の神経質な使い方を一切しなくていいものに仕上がっていたのが良かったですね。

ポッパーみたいにポコポコ言わせることもできるし、ダーターらしくゴボォ!と大きな音を出して呼ぶことも得意なルアーです。

しかし何よりも、ダイブが得意なのがいいですね。

水温が下がって、水面のルアーに出切らないバスをおびき寄せるのにぴったりなルアーです。

このルアーが斜め浮きのアクションに着目するきっかけにもなりました。

風の強い日、大きな倒木で思い切りジャークしてロングポーズしていた時に、

音もなくルアーを吸い込んだビッグワンには胸が震えましたなぁ。

cropped-IMG_2443.jpg